Sm@rtDB×RPAは最強!
最高の組織パフォーマンスを手に入れる

Sm@rtDB Ver.4.1 4/27提供開始

近年「働き方改革」を推進する手段として、業種、部門を問わずRPA(Robotic Process Automation)に対する注目が高まり、多くの企業でRPAを活用した業務の自動化が進められています。
あなたの会社ではRPAの導入を成功に導けていますか?「Sm@rtDB」は、RPAとの親和性に優れ、オフィスワーカーの生産性向上を強力に支援します。

こんな課題抱えていませんか?

企業の業務連携では、立場によってさまざまが課題を抱えています。

RPAは現場の業務部門が自ら「働き方改革」をドライブできるツールです。

RPAを活用することでコスト削減だけでなく、ミスも減ることで業務効率が向上し、本来やるべき業務に時間を回すことができるようになります。
しかし、いざRPAの導入を決定し、ロボットを作る段階になるとつまづくケースが多いのです。



ロボットのメンテナンス地獄!

ロボットと連携しているシステムの画面レイアウトが変わったので、ロボットが動かなくなってしまった。そんな経験はありませんか?

連携システムのために作ったロボットがたくさんあると、そのすべてに対しメンテンスを行うはめに。「配置」を頼りにしたロボットでは画面レイアウトの変更に耐えられないのです。

解決:ID指定でメンテナンス不要に!

「Sm@rtDB」なら、画面項目に一意のIDが振られています。配置やデザインが変更されても、ロボットからの指定は変わりません。

連携システムに合わせてロボットをメンテナンスする必要がなくなります。



エラー処理だらけの複雑なロボット

ロボットはシンプルに作るのがコツと言われます。

しかし、愚直にエラーやイレギュラーなパターンを考慮して作ると、どんどん複雑に。すべてをロボットに任せようとするのではなく、イレギュラーなパターンには人間を介在させましょう。

解決:ロボットと人間をワークフローでつなぐ!

「Sm@rtDB」なら、ロボットから業務ワークフローを開始できます。エラーが発生したら、ワークフローを介して人間にチェックさせるという流れにすればOK。

もちろん、正常な場合も「人間が確認した」という証跡を残すなら、ワークフロー連携は必須です。



やりたい処理にたどり着くステップが長すぎる

ロボットに人間と同じ画面遷移は必要でしょうか?人間向けの画面遷移は、ミスを防いだり、気づきを与える目的で作られています。

そんな人間と同じ画面遷移をたどろうとすると、ある条件を満たした時だけ出現する画面や、さまざまな通知を想定しなければなりません。結果、たくさんの分岐や、長い長いステップをつくることになってしまいます。

解決:ロボットユーザでステップ激減!

「Sm@rtDB」では、予めロボットユーザと、ロボットのための画面遷移を用意しています。余計な遷移がないため、定義するステップは最小限!自動化したいところだけに絞れます。

また、ロボットユーザに操作のための権限設定は不要。予め、必要な権限が付与されています。アプリケーション毎に権限をわざわざ設定する必要はありません。


PRAと親和性の低いシステムの組み合わせでよくある課題

ロボット向けインターフェースを備えたSm@rtDBでRPA活用効果を最大化しましょう。


3分でわかるSm@rtDB

Ver.4.1でRPA連携を備えた「Sm@rtDB」ですが、そもそも「Sm@rtDB」って何ができるの?とお思いの方
ぜひこちらの「3分でわかるSm@rtDB」をご覧ください

3分でわかる!Sm@rtDBのダウンロード


Sm@rtDBについて詳しく知りたい方へ

ユーザ事例を紹介する勉強会も開催しております。
まずはお気軽にお問い合わせください。