未来の成長を見据えた「新たな働き方」の実現を情報基盤が加速する
企業名 小田急電鉄株式会社
事業内容 東京、神奈川を中心に旅客鉄道事業や生活サービス事業を幅広く展開

TOPICSTOPICS
  • ユーザー部門自らが業務プロセスをシステム化
  • システム化で重要視したのは「現場での使いやすさ」
 

小田急電鉄はどのように社員の「働き方」と「意識」に変化を起こし、将来を見据えた成長戦略を実現しようとしているのか、その取り組みと目指す方向について詳しく話を聞いた。

老朽化した情報基盤の刷新をきっかけに、どのようにしてユーザ視点での「生きた情報基盤」を実現したか。事例全編をぜひ、ご覧ください。

こちらからお申し込みいただくと、小田急電鉄が、社内やグループ企業の壁を越えて蓄積された情報を共有し、業務効率の向上のために行った具体的な取り組みを、「SmartDB」にスポットをあてながらご紹介する事例と、情報基盤刷新をきっかけに、どのように社員の「働き方」と「意識」に変化を起こし、成長戦略を実現しようとしているのか、その取り組みについて詳しく紹介する「統合版」をセットでご提供いたします。あわせてご覧ください。

関連事例を探す