株式会社ドリーム・アーツ(東京本社:東京都渋谷区、広島本社:広島県広島市、代表取締役社長:山本孝昭、以下 ドリーム・アーツ)は、株式会社セブン&アイ・ホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井阪隆一、以下 セブン&アイHD)のセブンプレミアム開発戦略部における業務ワークフローに、ドリーム・アーツのBPM型Webデータベース「SmartDB®(以下 スマートDB)」を2018年6月より導入していることをお知らせします。

各種申請業務の電子化に「スマートDB」を活用

「スマートDB」は文書管理や稟議申請、エクセルで集計している業務の進捗管理などをWeb上で実現できる仕組みを備えており、ドリーム・アーツはお客さまのニーズを捉え、「現場力強化」、「企業競争力向上」に役立つトータルソリューションを提供しています。
今回、業務の効率化をさらに推進するため、ドリーム・アーツのシステム「スマートDB」を「Smart Work」(呼称)として導入しました。
「スマートDB」は「DCS(DreamArts クラウドサービス)」を採用しています。サービス基盤として日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を採用し、利用規模の変化やコンテンツの増加にも柔軟に対応できる環境を実現しています。今後もさまざまな業務にも展開していく予定です。

現場部門が主体のプロジェクトストーリー事例集

まずは「スマートDB」ってなにができるの?という方はこちらをご覧ください

3分でわかる!SmartDBのダウンロード