文書管理のデジタル化を「SmartDB」で実現

三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下のメガバンクである三菱UFJ銀行では、2010年に業務デジタル化のアプリケーション基盤として、ドリーム・アーツの「SmartDB」を採用した。金融業界は、他の業界と比較して、業務のルールやプロセスが厳格に定められており、同時にその証跡保全が重要とされる。
同行が、業務アプリケーションのスクラッチ開発ではなく「SmartDB」を選択した理由はなんだったのだろうか。そして、導入から10年を経た現在、「SmartDB」をどう評価しているのだろうか。

現在では、システム本部だけでなく、総務部や市場企画部でも「SmartDB」で文書管理を行っています。文書そのものの数は、約345万へと導入時のおよそ倍近くまで増えましたが、変わらない使い勝手や検索レスポンスの高さは、ユーザーに好評です
(システム本部 システム企画部 IT戦略グループ 五十嵐 裕貴氏)

COVID-19による政府の緊急事態宣言下においても、業務を止めない環境づくりに寄与

三菱UFJ銀行は、働き方改革の推進や2020年夏に予定されていた東京五輪による都心の交通混雑を視野に入れ、数年前から行員がリモートワークを行える環境を充実させてきました。「SmartDB」による文書管理システムも、2019年12月の段階で社外から参照できるようになっていたそうです。
“文書の電子化と一元管理が「新しい働き方」の基礎になった秘訣”を知りたい方は、ぜひ事例をダウンロードのうえご覧ください。

事例冊子のイメージ
三菱UFJ銀行事例冊子のイメージ