契約書管理が激変!ダイナミックブランチ機能

これまでの一般的な「契約書管理」業務

取引先との締結済み契約書は台帳にて管理しているケースが多いです。
みなさまも下図のように、契約書管理用のWebデータベースやExcelなどを台帳に模して運用されていませんか?
しかし、このような運用では多くの課題が発生します。

一般的な「契約書管理」で発生する課題

  • 取引先マスタなどとの関連付けがない
  • 締結済み契約書の検索に時間がかかる、見つからない
  • 契約書の雛形改定などにおいて、影響範囲を把握しきれない
  • 契約更新タイミングなどの管理が疎か

契約管理の常識を変える「ダイナミックブランチ機能」活用

「契約書管理」自体の効率化はもちろん、「SmartDB」で実現するさまざまな業務アプリと自在に連携することで、契約書管理に関連した業務プロセス全体の効率化につなげることができます。



契約書管理にダイナミックブランチ機能を活用するメリット

  • ほかのマスタと紐づけることで、情報を横断して確認できる
  • 取引先ごとなどの抽出により、締結済み契約書がすぐに見つかる
  • 利用している雛形マスタをもとに締結済み契約書を抽出できる。
    雛形の存在が明確になるので作成・更新にかかる工数も削減できる。
  • 更新時期が迫った契約書の自動アラートも可能

ダイナミックブランチ機能の詳細はこちら >

実際の画面でご紹介!デモのお申込はこちら

契約書管理をダイナミックブランチ機能でもっと便利に