事例一覧

部門別の導入メリット

テーマ別の導入メリット

部門別テンプレート活用シーン



ニュース一覧


イベント一覧

ラーニング一覧

2020年8月31日

ドリーム・アーツ、マイクロソフト ジャパン
パートナー オブ ザ イヤー 2020の
「Social Responsibility アワード」を受賞

 

株式会社ドリーム・アーツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山本孝昭、以下 ドリーム・アーツ)は、このたび日本マイクロソフト株式会社(以下 日本マイクロソフト)が主催する「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2020」において今年度より新設された「Social Responsibility アワード」を受賞しました。本アワードは、昨年の「Retail アワード」に続きドリーム・アーツは2年連続2度目の受賞になります。

2020年、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、日本社会も大きな影響を受けました。さまざまな活動が制限されるなか、日本企業が事業継続を行い、成長を維持していくため、今まで以上に生産的な手法が求められています。コロナ禍で急拡大する在宅勤務・リモートワーク・全社方針検討に合わせ、ハンコレス・ペーパーレス・業務情報共有を実現するために業務デジタル化、業務標準化の実現が求められています。今回、大企業向けデジタル化クラウド「SmartDB(スマートデービー)」・「Shopらん(ショップラン)」・「INSUITE(インスイート)」を提供するドリーム・アーツが、日本企業が新たに抱えるこのような課題の解決を推進したと評価され、新設されたアワードの受賞に至りました。

詳しい内容を見る