業務別テンプレート

Office 365連携

「Office 365 × Sm@rtDB」のシームレスな連携で複雑な現場業務のシステム化に手が届く

「Office 365」を導入している企業が増えています。「Office 365」には資料共有やWeb会議などの機能が一通り揃っており、非常に便利です。
一方で、ワークフローの運用において、承認ルートの柔軟な変更や、複雑な業務プロセスの電子化などは、どこまで対応できているでしょうか?
対応できない部分に個別のシステムを用意していては、利便性が落ち、運用コストも増えてしまいます。

「ひびき®Sm@rtDB」なら、煩雑になりがちな現場の業務プロセスやワークフローのシステム化も実現可能です。
「Office 365」に「Sm@rtDB」を連携することで現場業務の効率化を加速させましょう。

Office 365連携

「Azure AD」認証に対応


認証基盤として「Microsoft Azure」の「Azure Active Directory(Azure AD)」に対応しています。
端末で一度認証すれば、シングルサインオンで「Sm@rtDB」にアクセス可能。さまざまな業務を担う「Sm@rtDB」へのログインを意識する必要はありません。
「Office 365」にログインすれば、マイクロソフトの各種クラウドサービスと「Sm@rtDB」をご利用いただけます。

Azure AD認証に対応


「OneDrive」連携


「Office 365」で使えるオンラインストレージである「Microsoft OneDrive」。「Sm@rtDB」にファイルを登録する際、その保存先を「OneDrive」に指定できます。「OneDrive」に保存しておけば、Officeオンラインでファイルをブラウザで開いて、直接編集も可能に。ファイルをいちいちダウンロードして開く手間がなくなります。
また「Office 365」の共同編集機能を使って直接ブラウザ上でファイル編集をすれば、やり取りの手間が省け、作業効率アップにつながります。

OneDrive連携


「SharePoint」サイトへのWebパーツとして


「Sm@rtDB」では、用途に応じてデータの一覧画面をユーザーが簡単にカスタマイズできます。その一覧画面や、一覧の表示項目を集計したグラフなどを、Webパーツとして「SharePoint」へ埋め込んで表示することが可能です。「SharePoint」は、ポータルやスケジュール管理に。「Sm@rtDB」は、業務ワークフローやWebデータベースでの台帳管理に利用するなど、それぞれに最適なシステムを選択し組み合わせることができます。
ユーザーに複数のシステムであることを意識させないシームレスな利用体験によって、業務効率を飛躍的に向上させましょう。

SharePointサイトへのWebパーツとして


「Azure Logic Apps」でさらに高度な連携


「Azure Logic Apps」との連携を可能にするオプションを提供しています。「Azure Logic Apps」が仲介することで、「Sm@rtDB」のアカウントを持たないユーザーとも連携したり、「OneDrive」上のエクセル更新をトリガーにアクションを実施したりと、簡単にシステム連携を実現できます。さらに高度なシステム連携では、「Sm@rtDB」に用意されているWeb APIやWebhookで、「Microsoft Graph API」と連携することも可能です。

Azure Logic Appsでさらに高度な連携


Office 365連携の各機能はDCS(DreamArts クラウドサービス)をお使いの場合にご利用いただけます。
「Office 365」、「Azure Active Directory」、「Windows」、「SharePoint」、 「OneDrvice」、「Microsoft Graph API」、「Azure Logic Apps」 はマイクロソフト社の製品もしくはサービスです。

Sm@rtDBについて詳しく知りたい方へ

ユーザ事例を紹介する勉強会も開催しております。
まずはお気軽にお問い合わせください。