ヒヤリ・ハット事例を共有して重大事故を削減!

ハインリッヒの法則(1:29:300)をご存知ですか。1件の重大事故の背後には29件の軽微な事故があり、その背景には300件の異常(ヒヤリ・ハット)が存在するという法則です。重大な事故は、300件のヒヤリ・ハットに隠れて存在しています。現場で起きたヒヤリ・ハットの事例を集めて、重大事故になる前に対策をしましょう。

ヒヤリ・ハットとは

ヒヤリ・ハット」とは、大きな事故やケガには至らなかったものの、重大な災害や事故になっていた可能性のある、一歩手前の出来事のことです。「(たまたま大事にはならなかったけど)ヒヤリとした・ハッとした」という言葉が語源で、突発的な事象やミスにヒヤリとしたりハッとしたりすることを指します。
ヒヤリ・ハットは、製造業や建設業、看護、介護の仕事などはもちろん、オフィスなど事故が起きなさそうな場所でも起こりえます。

おすすめ資料
重大事故になる前に対策を!インシデント管理デジタル化の効果と具体策

ヒヤリ・ハット共有方法とは?

ヒヤリハットやトラブル管理は迅速な情報連携と体制強化が重要です。実際の事例から、ヒヤリハット/トラブル管理の課題とデジタル化のメリットをご紹介します。

ハインリッヒの法則

ヒヤリ・ハットに関連する言葉である「ハインリッヒの法則(1:29:300)」をご存知でしょうか?1件の重大事故の背後には29件の軽微な事故があり、その背景には300件の異常(ヒヤリ・ハット)が存在するという法則です。重大な事故は、300件のヒヤリ・ハットに隠れて存在しています。現場で起きたヒヤリ・ハットの事例を集めて、重大事故になる前に対策をしなければなりません。

インシデント・アクシデントとの違い

ヒヤリ・ハットと混同されがちな言葉に「インシデント」や「アクシデント」があります。アクシデントは「不慮の事故」「不意に発生する災難」といった意味の語であり、事故・災難・損害がすでに生じてしまった状況が前提となっています。ここでは規模は大小関係ありません。
インシデントは、アクシデントに至りかねなかった手前の段階となります。
「一歩間違っていたら大惨事になっていた」という状況を指します。インシデントとヒヤリ・ハットには共通する部分もあり、同義語のように使える場合も多いですが、ヒヤリ・ハットには人間の不注意・誤認・判断ミスといった過ちが事故の要因になる、なる可能性があった状況を指す意味で用いられる場合が多いのに対し、インシデントは自然災害や人為的・意図的な攻撃など、あらゆる種類の脅威が要因になる場合に用いられます。

こちらの記事もおすすめ
物流に「効く」インシデント管理とは

物流に「効く」インシデント管理とは

インシデントはあらゆる業務、業態において発生します。「SmartDB」でインシデントを容易に管理し、根本原因を解決しましょう。

ヒヤリ・ハット事例の報告で重大事故を防ぐ

ハインリッヒの法則にもあったとおり、ヒヤリ・ハットが積み重なることで、重大事故が発生する確率は高まります。どんなに些細な異常(ヒヤリ・ハット)でも、社内で報告・共有することで、重大事故発生の予防につながります。

では、ヒヤリ・ハット事例の報告書は、なにをどのように書くのがより効果的なのでしょうか。
厚生労働省「職場のあんぜんサイト」では、ヒヤリ・ハットの事例が公開されています。 そうした例を見てみると、以下のような項目の記載が多いようです。

  • 作業の種類
  • 状況(いつ、どこで、なにをしているとき、どうなった)
  • 原因
  • 対策

具体的な内容については、業種ごとにご紹介していきます(抜粋)。

ヒヤリ・ハットの事例

製造業のヒヤリ・ハット

積み荷の揺り返しによりフレコンバッグが当たり、荷台から転落しそうになった

  • 作業の種類
    荷降ろし
  • 状況
    フレキシブルコンテナバッグの荷降ろし作業中、トラック積載型クレーン車の荷台に乗りフレコンバッグを吊り上げようとしたところ、積み荷の揺り返しによりフレコンバッグに身体が当たり、荷台から転落しそうになった。
  • 原因
    作業者は、クレーン操作時の荷台における「立ち位置」を十分理解していなかったこと。また、フレコンバッグを吊り上げる際、クレーンのワイヤーが斜めになっていたこと。
  • 対策
    トラック積載型クレーン車における作業時のラジコン操作、および操作時の「立ち位置」について十分な安全衛生教育をおこなうこと。また、クレーンでフレコンバッグを吊り上げる際、クレーンの延長線上でフレコンバッグをクレーンのフックに掛けること。

建設業のヒヤリ・ハット

波形スレート屋根を踏み抜き、コンクリート床に転落しそうになった

  • 作業の種類
    スレート屋根の解体
  • 状況
    倉庫の解体工事の際、老朽化したスレート屋根の上を歩行していたためスレート材を踏み抜き、コンクリート床に転落しそうになった。
  • 原因
    作業にあたり、屋根の上に歩み板の設置がなされていなかった。また、安全帯も使用していなかった。
  • 対策
    スレート、木毛版などの材料でふかれた屋根の上で作業をおこなう際は、踏み抜きによる危険防止のため、幅30cm以上の歩み板を設けること。また、建屋内部に安全網を張る、あるいは屋根の上部にピンと張られた親綱を設置し、安全帯を使用するなど、踏み抜きによる危険を防止するための措置を講ずること。

運輸業のヒヤリ・ハット

トラック荷台上で鋼材に掛けていたシートを剥がす作業中、雨で濡れた鋼材の上で足が滑り転倒しそうになった

  • 作業の種類
    トラックからの荷降ろし準備
  • 状況
    配送先工場で鋼材を降ろす前準備として、トラック荷台に上がり、鋼材に掛けていたシートを剥がす作業中、雨で濡れた鋼材の上で足(安全靴)が滑り転倒し、トラック荷台から転落しそうになった。安全帯を着用していたので転落しなかった。
  • 原因
    足元の注意不足(雨で濡れた鋼材は滑りやすいことの考慮が不足)
  • 対策
    安全帯の着用(トラックの荷台での作業では、安全帯を着用しないことが多いが、荷台からの転落防止のため、安全帯の着用が必要)

職場のあんぜんサイト:ヒヤリ・ハット事例|厚生労働省

ヒヤリ・ハットの社内共有と対策検討

ヒヤリ・ハットは、報告して終わりではありません。会社内で共有され、ヒヤリ・ハットへの対策がおこなわれて初めて効果を発揮します。 部署やチームのなかで原因が深堀されているのか、対策は効果があるものになっているかどうかをしっかり確認しましょう。さらに、安全管理をおこなうチームによる確認と、社内への公開がおこなわれれば、組織全体で事故防止に対する意識が高まります。

Webデータベースを使ってヒヤリ・ハット事例を共有

ヒヤリ・ハットを報告書(紙)にまとめるだけでは、一部の人にしか認知されません。ヒヤリ・ハット事例は、社内に広く周知する必要があります。ヒヤリ・ハットに対する報告書の作成、提出、事例共有には、Webデータベースを使うと効果的です。 Webデータベースを使うことで、過去に発生したヒヤリ・ハットを探したり、報告書のフォーマットを変更したりといったことも簡単にできるようになります。

「SmartDB」でヒヤリ・ハットを管理するメリット

Webデータベース「SmartDB®」でヒヤリ・ハットを運用・管理すると、以下のようなメリットがあります。

ヒヤリ・ハット事例の確認・承認

ワークフロー機能を使って、ヒヤリ・ハット事例の上長による承認から安全管理チームによる確認まで、スムーズにおこなうことができます。

ポータルとの連携で全員に共有

Webデータベース機能を使って社内ポータルと連携できます。上長による承認、安全管理チームによる確認が終わったヒヤリ・ハット事例をポータルに表示することで、社内や部内の全員に共有できます。また、既読情報も管理しているので、だれが確認したのか簡単にチェックできます。

過去のヒヤリ・ハット事例も簡単分析

Webデータベース機能を使うことで、蓄積された事例を分析でき、さらに効果的な対策をおこなえるようになります。

おすすめ資料
重大事故になる前に対策を!インシデント管理デジタル化の効果と具体策

ヒヤリ・ハット共有方法とは?

ヒヤリハットやトラブル管理は迅速な情報連携と体制強化が重要です。実際の事例から、ヒヤリハット/トラブル管理の課題とデジタル化のメリットをご紹介します。

「SmartDB」を使って安心・安全な職場にしよう!

「SmartDB」を使ってヒヤリ・ハット事例を社内で集め、広く共有しましょう。現場の部署やチームがヒヤリ・ハット事例を分析し、自ら対策がおこなえるようになります。そして、重大事故を未然に防ぎ、安心・安全な職場にしていきましょう。

関連資料
3分でわかるSmartDB

3分でわかる「SmartDB」

大企業における業務デジタル化の課題と、その解決策として「SmartDB」で、どのように業務デジタル化を実現できるのか。モバイル端末からのヒヤリ・ハット共有にも利用できる「SmartDB」をご紹介します。