「Webデータベース」とは

「Webデータベース」とはなんでしょうか?そもそも「データベース」という言葉がよくわからない。よくわからない「データベース」が「Web」と合体することで、なにが便利になるのか?
ビジネスの現場で「データベース」はどのように使われ、どのような課題から「Webデータベース」が生まれたのか。
今回のラーニングでは、そんな「Webデータベース」で、なにがどう便利になるのかご紹介します。

データベースとは

Wikipediaで「データベース」を調べてみると、このように書かれています。

データベース(英: database, DB)とは、検索や蓄積が容易にできるよう整理された情報の集まり。通常はコンピュータによって実現されたものを指すが、紙の住所録などをデータベースと呼ぶ場合もある。

データベース – Wikipedia

つまり、ビジネスの現場だと、顧客情報や商品情報、受注情報、社員情報など、一定の形式で整理されたデータを集めたものがデータベースとなります。これらの情報はエクセルなどのファイルで扱うこともできますが、データ量が多くなると、同じデータが二重に登録されたり、ファイルサイズが大きくなったりなど、取り扱いが難しくなってしまいます。そのため、データを効率よく扱うための仕組みとして、データベース管理システムが導入されることが多いです。

データベース管理システムの課題

データベース管理システムは、データを格納する構造により、階層型データベースやネットワーク型データベース、リレーショナルデータベースなど、さまざまな種類が存在します。現在もっとも広く使われているのは、リレーショナルデータベースです。関係データベース管理システムとも呼ばれ、RDBMS(Relational DataBase Management System)という略称で記載されていることもあります。

リレーショナルデータベースでは、データをテーブルと呼ばれる表に似た構造で管理します。エクセルなどの表計算ソフトを使用したことのある人には、非常にわかりやすい構造です。さらに、テーブルとテーブルを組み合わせることで、複雑な情報も柔軟に表現できるようになります。そのため、さまざまなシステムで利用されています。

テーブル構造

テーブル変更などの操作を行うには、専用の言語であるSQLを利用する必要があり、ユーザーには、少し敷居が高くなります。多数のテーブルが存在する業務システムの場合では、SQLも複雑なものになります。その結果、専門家が介在することになり、ビジネス環境の変化に応じた変更に時間がかかるという課題があります。

Webデータベースとは

特定の業務に合わせたシステムの中でデータベースを利用している場合、ビジネス環境の変化やスピードに対応できないことが多くあります。その解決策として、専用の言語などを使わなくても、さまざまな業務で利用できるように、自由にテーブルを定義し、データの登録・参照も可能となるシステムが要求されました。その仕組みをブラウザ上で実現したものが「Webデータベース」となります。

Webデータベース

「Webデータベース」では、事前に用意されている部品を組み合わせることで、データを格納する箱が簡単に作成できます。作成した箱へのデータ登録や参照も非常に簡単です。ビジネス環境の変化に応じての変更は、運用中であっても容易かつスピーディーに行えます。

このような「Webデータベース」のメリットを実現したのが「ひびき®Sm@rtDB」です。「Webデータベース」の作り方については、以前、ラーニング記事としてご紹介しましたので、以下のリンクを参考にしてください。

ノンプログラミングでWebデータベースを作ってみる

「Sm@rtDB」を導入しよう

ビジネスの現場には、管理したい情報が無数にあります。「Sm@rtDB」を導入することで、管理したい情報を「Webデータベース」化し、ビジネス環境の変化やスピードに強いシステムを簡単に実現してみませんか。

「Sm@rtDB」のWebデータベースの機能はこちら
(参考事例)三菱UFJモルガン・スタンレー証券様:散在する情報系システムの統合で見えた「勝算」