多くの企業にとって不可欠な「顧客管理」。顧客との長期的な良好関係を築く上で、効率的かつ有益な顧客データ管理手法は必須です。しかし、一部の業務やシステムで、各担当者がエクセルで管理しているということはありませんか。大事な顧客情報を二重管理していたのでは本末転倒です。「理想的な顧客管理」とは何か。今回は顧客データ管理の課題解決と、それに伴うシステム構築のメリットを探ります。

根本的かつ最大の問題「顧客データの点在」

顧客データは、営業現場から経営的判断の際まで、今やあらゆる業務で必要とされています。ところが実際は、顧客情報の「利用目的」や「時期」が異なるため、各部署がそれぞれ顧客データを独自に管理している場合も。同じ情報が社内に点在し、情報更新を部署ごとに行う「二重管理」が、顧客データ管理の効率化を大きく妨げています。そもそも、エクセルなど表計算ソフトで管理していては、二重管理を防ぐことができません。

情報が点在していては、不正確な顧客データを業務で利用する危険性を高めてしまいます。同時に管理負荷を高め、現場の余計な負担となるでしょう。データ管理のオペレーションも不統一、さらに部門間での情報連携や顧客管理も行いづらい……。貴重な情報資産である顧客データも、スムーズに活用できなければタスク増加の要因となってしまいます。

まずは、顧客データの「一元化」から

状況打開における最初のステップとして、まずは各部に点在する顧客データを「一つのシステムに集約する」ことをオススメします。WEBシステムの上に顧客データを集約して「一元化」した上で利用できるようにしましょう。これにより、顧客データが各部門に点在する状況を解消。業務の効率UPを図りましょう。

求められる顧客マスタ

顧客データの「一元化」を実現し、部署間連携やデータ管理にかかわる様々なタスクの効率化を実現するのが、「顧客マスタ」です。まずは各部に点在する顧客データを棚卸し、「顧客マスタ」として1つの場所に集約しましょう。「二重管理」によるタスク連鎖スパイラルから抜け出す最善策です。

「顧客データ」一元管理によるメリット

  • 各部門の顧客データの更新情報が常に反映され、「最新・正確な顧客情報」が部門間で共有できる
  • 部署などによって見えてはいけない個人情報のアクセスコントロールが容易に実現される
  • データ管理のための無駄な時間・コストを削減できる

現場のシステムは現場でつくる

様々なメリットを持つ「顧客マスタ」。「Sm@rtDB」なら、WEBシステム上に、簡単なオペレーションで「顧客マスタ」を構築できます。構築後に情報のメンテナンスを行いたい、項目の見直しを行いたいなどにも柔軟に対応。運用しながら改善していくことが「Sm@rtDB」ならできます。日々変化するオペレーションに応じ、「使える」顧客マスタを常に維持することができます。 各部に点在することでスムーズな顧客管理はおろか、タスク増加の根本原因となっている顧客マスタ。顧客データとして管理するのではなく、ぜひ「マスタ化」してみてはいかがでしょうか。

実際に「顧客マスタ」をつくってみる

「Sm@rtDB」では、ノンプログラミングで「顧客マスタ」を構築可能。こちらの記事で、実際の構築の様子を紹介しています。

『「ノンプログラミング」でWebデータベースを作ってみる』

お客様の声 活用事例

「Sm@rtDB」には、顧客マスタと連携し、お客様の声を活かすVOCシステムの事例があります。

(参考事例)アンデルセン様:いつも「ありがとう」が 聞こえる企業活動を目指して



「Sm@rtDB」って何ができるの?という方は、まずはこちらをご覧ください。

3分でわかる!Sm@rtDBのダウンロード