エクセルファイルの「二重管理」による、タスク連鎖のスパイラルから抜け出しましょう。今回は「簡単3ステップ」で、顧客データを「Webデータベース化」する方法をご紹介します。

顧客データを「Webデータベース化」

le170511_001
今回は「Webデータベース化」するのは、このようにエクセルファイルで管理されている「顧客データ」。
「簡単3ステップ」で、Webデータベースを作ってみます。では、実際に構築していきましょう!

Step1.入力フォームをつくる

img_006

まずは「設定画面」から、入力フォームに必要となる「部品」をはめていきます。

img_008

実際に部品が入った状態が、こちら。

フォームが完成

img_009

必要な「部品」を全て入れ終えると、入力フォームが完成します。

Step2.データをためる

img_010

次に、作成したフォームへ「顧客情報」を入力していきます。

img_011

データが登録され、顧客情報が追加されました。

Step3.データを見る

img_013

次に、蓄積した顧客データを見やすく分類したいと思います。今回は、「エリア別」にデータを確認できるよう設定を行います。

設定画面

img_014

設定画面から、2つの項目を設定します。

  1. 分類の「形式」を選択する
  2. 分類の「項目」を選択する

エリア別で見る

img_015

タブが追加され、顧客データを「エリア別」で確認できるようになりました。

担当者別で見る

img_016

また、分類の「項目」を設定し直すことで「営業担当者別」の確認もできるようになります。

いつでも「最新・正確」な情報が集まる

エクセルファイルからの「Webデータベース化」が、「簡単3ステップ」で完了しました。今回はフォーム上で「データ登録」を行いましたが、もちろん「大量データのCSVインポート」も可能です。

手間をかけてスクラッチ開発をしなくても、現場の業務に合わせた「Webデータベース化」が簡単に実現。

「簡単3ステップ」により、効率化を図るポイントは山ほどあります。ぜひお試しください。

Webデータベースを使うことによる詳しいメリットは「今さら聞けない「Webデータベース」の話」で詳しくご紹介しています。

(事例)Webデータベース「SmartDB」をどのように活用し効果を上げているのか?